【赤福】伊勢志摩鳥羽にきたら食べなきゃ損!伊勢名物赤福餅とは?お土産にも最適!どこで買えるの?

赤福餅

三重県伊勢の名物です。

全国的にも有名な和菓子ですね。

ご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

実は、赤福1707年から創業されており、めちゃくちゃ歴史ある名店なんです。

美味しくて、地元でも愛され続ける優秀な名物です(^▽^)/

 

どんな和菓子?

おもちの周りにあんこがついている食べ物です(笑)

それだけかよ!!と思うかもしれませんが

なぜかめちゃめちゃ美味しいんです。

お餅は柔らかくて食べやすいし、周りにはなめらかなこしあんがたっぷりついています。

これが美味しくてお上品な味がするので

やみつきになるんですね。

写真からもお上品さがにじみ出ています(笑)

 

全国的に有名

東京に上京してからびっくりしたんですが、

赤福の知名度

ハンパないです(笑)

出身が伊勢志摩地方と言ったら、結構な確率で「赤福美味しいよね~」って言われます。

また、全国津々浦々のお土産が紹介されていることがあると、

だいたい結構上位に食い込んでます(笑)

 

思ってる以上に赤福人気やん!と思って

誇らしかったですw

 

と同時に、

お土産で赤福を買っていくとめちゃめちゃ喜ばれます。

木の箱に入っていて高級感もあるのでもらうと嬉しい気持ちもわかりますね。

たくさん喜んでもらえると、こっちまで嬉しくなるので

伊勢志摩鳥羽に行った際は

お土産に購入することをおすすめします(^▽^)

 

料金

コンビニではこういう形で置いています。

  • 8個入り 760円
  • 12個入り 1100円

これは見本なので持てません。

レジで

「赤福の〇〇個入りください」と伝えると、購入できます。

(店舗によっては他の個数でも売っている場合がありますよ。)

 

赤福の店舗だと2個入りで240円などもありますね。

 

 

どこで購入できるの?

駅構内

伊勢志摩地方にきたら、基本的に駅構内のコンビニにおいてます。

伊勢市駅、宇治山田駅、鳥羽駅、鵜方駅など、

伊勢志摩鳥羽の大きめの駅のコンビニなら置いています。

 

ちなみに

三重、愛知、大阪、京都、奈良、滋賀、岐阜

の百貨店やサービスエリア、売店などで売っているようです。

個人的にはせっかくなら伊勢に来て、購入してほしいですがw

 

赤福店舗

あとは赤福の店舗ですね!!

私は店舗での購入をおススメします

なぜなら、実際にお店で食べてほしいからです。

お店で食べることもできる

お土産で有名な赤福餅ですが、実はお店で食べることもできるんです!

本店はもちろん、いくつかの支店でも食べることができます。

特に三重県内(伊勢市周辺)はお店で食べられるお店が多いです。

詳しい店舗は赤福ホームページでご確認ください。

 

お店の赤福は絶品

これはお店で食べた赤福ぜんざい赤福餅です。

右上の抹茶は無料でついてきました。

お上品すぎる。

こんな歴史的でお上品な食べ物を食べられる機会ってなかなかないですよね。

夏場は赤福が入った抹茶の赤福氷も有名です。

地元民の私ですらたまに食べに行くぐらい

お店で食べる赤福は美味しいですよ。

伊勢市にある本店

やはりせっかくなら本店で食べたいですよね。

先ほども少し述べましたが、

伊勢神宮、おかげ横丁のあたりにあるので、

有名な五十鈴川(いすずがわ)もあり、建物自体がめちゃくちゃ風情があります。

ただ、繁忙期は想像以上に混んでます。

祝日は行列ができているイメージがありますね。

 

鳥羽支店

伊勢市のお隣鳥羽市にあります。

海の町なのでアワビやサザエをはじめとする海鮮もたくさんありますし、

何より伊勢市より空いてます。

鳥羽支店の写真です。

鳥羽駅から徒歩3分くらいのところにあり立地が良いのですが、

本店ほど混雑はしません。

並びたくない方はおすすめです。

 

 

デメリット

地元民としてはあまり言いたくありませんが、赤福をお土産にするにはデメリットもいくつかあります。

和菓子なので丁寧に持ち運ぶ必要がある

クッキーなどのようにカバンにぶち込めません。

和菓子なのでひっくり返さないように丁寧に運ぶ必要があります。

ひっくり返しても、味が落ちるわけではありませんが、

せっかくなら綺麗な状態で持ち帰りたいですよね。

あと、お餅なのでそれなりに重いですw

1箱持って帰るならまだしも、何個かになると結構重くてキツいです(笑)

私は、友達7人分くらい持って帰った時に手がちぎれるかと思いました。

郵送してしまうかキャリーバックの奥底に丁寧にしまいましょうw

 

賞味期限が短い

和菓子なので賞味期限が引くほど短いです。

冬場は3日、夏場は2日あたりでしょうか。

とりあえず、買って次の日には渡せたほうがいいですね。

つまり、旅行最終日に買ったとしても、

次の日には配れる人にしかあげれませんw

結構難易度高いです(笑)

私はお土産として買うときは「〇〇日に渡せる?」って先に聞いちゃいます(笑)

 

そして!!最大の気を付けるポイントは

夕方には売り切れることがある!!

ということです。

賞味期限が短い=その日中に売らなければいけない

ということです。

なので、コンビニなんかは絶対に売り切れる量しか入荷しません。

確実に手に入れたければ午前中の購入をおススメします。

支店ですら休日には14時くらいに売り切れてる時があります。

しつこいようですが、

本当に気を付けてください!!!

 

 

まとめ

デメリットがあるにもかかわらず、全国的に愛されている赤福ですから、

それなりに魅力的な食べ物なんだと思います。

またお店で食べる赤福は格別です。

お店の中もなんとなく歴史を感じるつくりになっていて楽しいですよ”

 

伊勢志摩鳥羽にくる機会があれば是非お立ち寄りください(^▽^)/

 

 

2 COMMENTS

にこぽん

私は伊勢神宮お参りした時におかげ横丁で買いました(^^♪
結構混んでいましたが中でも食べました。
確かにおもちの周りにあんこ塗っているだけなのに…普通に食べるおもちより遥かにおいしいです(*´ω`*)
何か老舗の秘密があるのかもですね~

ただ…美味しすぎてつい調子に乗って食べ過ぎてしまいましたw
ほどほどがいいのは分かっているのですが…手が止まりませんでしたw
やっぱり現地で食べるのが一番美味しいと思いますよ(*’▽’)

返信する
ハナ

一番美味しい食べ方をして頂けたんですね!嬉しい限りです(泣)

私も気付いたら4個くらい食べている時ありますw
お茶によく合うんですよね~、1個食べてお茶飲んだらリセットされてますw
余裕があれば是非またいらしてください(^▽^)/

返信する

ハナ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です