【熱中症対策】暑い夏におすすめ手持ち扇風機!ダイソーのハンディ扇風機を実際に使ってみた感想!

今年も暑い夏がやってきました。

学生の方は長期休みに入っていたりしますし、社会人の方も夏はなにかとイベントごとが多かったりしますよね。

 

 

そんな夏の天敵が

熱中症です。

 

最近の猛暑はこまめに水分を取っているだけでは、太刀打ちできなくなってきました。

ということで

今回は外に持ち歩けるハンディ扇風機をご紹介します(^▽^)/

 

ハンディ扇風機

ここ数年、持ち歩いている方をちらほら見かけますよね。

小さい扇風機です。

出始めの頃は、なんだあれ、、

と思いましたが、最近では結構見かけます。

 

私は、ずっと、

「その扇風機持ち歩くの邪魔じゃない?(笑)」

と思っていたタイプなのですが、

いざ使ってみると、みんなが持ち歩く理由がわかりましたw

普通に涼しい。

 

若者が持っているところしか見かけたことがありませんが、

もっと幅広い年齢の方が使えれば、熱中症対策になるのにーと思いましたので、

全力でご紹介しますね(笑)

 

電池式と充電式

どうやら電池式充電式があるようです。

電池式は電池を入れるだけですが、少し重たくなりますし

もちろん電池がなくなれば交換する必要があります。

 

対して充電式はUSBで充電する形のものがほとんどで、スマホの充電器を挿すACアダプタさえあれば、

何回でも使用することができます。

 

値段

一応家電ですのでピンキリですが、

基本的に1000円台で売っているところをよく見かけます。

もちろん電気屋さんで売っているようないいものならば5000円以上するものもありますが、

雑貨屋さんなどで手軽に買えるもので十分だと思います。

 

電池式の方が少しお手頃なのですが、電池を別で買う必要がありますし、

一般的にはUSB式が多く使用されているようです。

 

どこで買えるの?

家電量販店、ドン・キホーテ、雑貨屋さんなどですね。

有名なのはインテリア雑貨店「Francfranc」のもので、見た目が可愛いらしいので女の子が良く持っていますね。

 

ダイソー

しかし、今回私が買ったのは、

ダイソーのハンディ扇風機

 

え?100円なの?と思ったそこのあなた。

残念ながら、600円

ダイソーなのでめっちゃ高い気がしますが、

普通にハンディ扇風機を買うよりは安いです。

 

100円で電池型の小さい扇風機も売っていましたが、すぐに壊れそうな感じでしたので、

600円でUSB型のものを買ってしまう方が長持ちするのでおススメです。

 

結構しっかりとした箱に入っていました。

USB型ということでしっかり充電ケーブルも入っていました。

ダイソーの店内には

他にも置き型のミニ扇風機が300円、おもちゃみたいな小型扇風機が100円で売っていましたので、用途によって使い分けてもいいかもしれません。

 

機能

ファンは、二段階切り替えが可能で、

強と弱がありました。

めちゃめちゃわかりにくいですが、弱でもティッシュは結構なびくくらいの強さです。

連続使用時間

弱180分

強90分

お出かけで使いっぱなしにする時は、モバイルバッテリーをもって行った方がいいかもしれませんね。

 

そし扇風機以外の機能もあるんです!

ライト付き。

え?その機能いる?(笑)

 

使ってみた

百聞は一見にしかず

ということで

実際に1日外にいるイベントの日に使ってみました。

 

めっちゃ涼くて便利

影に入ってこれ持ってたら外でも余裕でした(笑)

 

あくまで風なので、クーラーのようになる訳ではありませんが、

少なくとも顔に当てていたら

汗が吹き出すことはありません。

私はいつも顔に汗をかいてメイクが取れてしまうので、これはめちゃめちゃありがたかったです。

 

そして、

あれだけバカにしていたライト機能

夜暗くて見えないところでめっちゃ役に立った(笑)

暗闇での探し物や、夜道など、お祭りでめちゃめちゃ助かると思います。

本当バカにしてごめん、、(笑)

 

まとめ

気をつけていてもかかってしまう熱中症ですので、

対策しすぎなくらいで丁度いいですよね。

 

ハンディ扇風機は想像以上に優秀な逸材でしたw

なにかと外でのイベントが多い夏ですので、

みなさんも熱中症対策にハンディ扇風機使ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です