【伊勢神宮】近鉄?JR?伊勢志摩への電車でのアクセスと料金比較

伊勢志摩へのアクセス

 

三重県伊勢志摩鳥羽は伊勢神宮をはじめとする観光地も多く、旅行で訪れる人も多いと思います。

自然も多く、地元民の私ですら自信をもっておすすめできます。

 

しかし!唯一にして最大のデメリットがあります

それはアクセスの悪さです

日本には様々な観光地がありますが交通の便の悪さランキングがあれば、間違いなく上位にくい込んでくるレベルです。

通っている電車は2線のみ

基本的に近畿日本鉄道(近鉄)かJR2択です

 

名古屋方面から伊勢までいくと仮定して、電車を比較します。

近鉄

最安で行くならば急行もしくは各駅停車の1450円です

そして、この急行は2時間弱かかります。

また進行方向に二人掛けの椅子がならんでいるのではなく、東京の私鉄と同じで壁側に横長のイスがあるだけです。(たまに二人掛けの電車もありますが)

 

その電車に2時間弱は結構キツイものがあります(笑)

 

近鉄には、長距離移動に便利な近鉄特急があります。

停車する駅が少ないため早く着きますし指定席ですので必ず座れます。

こちらは進行方向に向かって二人掛けのイスです。

基本的に満員になることは少ないので、一人で利用しても隣に座ってくることは少ないので快適です。

 

が、しかし!

特急料金は普通料金にプラスでお金が必要です

しかもこれが高いので要注意です。

 

伊勢市駅までだと

1450円1320円の指定席料金がかかります

1450+1320=2770円ですね

 

所要時間は1時間25分ほどです

めちゃくちゃ高いやん、時間も30分しかかわらんしって思いますよね。

しかし時間は30分しか変わりませんがこの値段でも納得するくらい、快適さが段違いです。

指定席でゆったり広々してますし、新幹線のような作りなので在来線のように何度も扉が開閉することもありません。

 

観光特急しまかぜ

 

完全に観光客の方用の列車です。豪華です

列車の中自体に、個室があったりカフェ車両があったりとこの電車自体が楽しめるものとなっています。私も乗ったことがありませんw

 

基本的に予約制となっており、当日空いていれば乗れますが満席のことが多いです。

個室や席によって料金も変わりますし、予約も必要となってきて少し特殊なので、今回の比較では省略します。

JR

名古屋から伊勢までは快速みえという列車があります

2000円で伊勢市駅までいけます。

 

地元民はほとんどが近鉄を利用しているのでJRのことは全然知らなかったのですが、これが想像以上に快適でした。

 

まず、1時間45分で着きます。

近鉄特急と急行の間くらいの時間ですね。

 

自由席と指定席券があり、確実に座りたければ指定席の購入をおすすめしますが、基本的にそんなに利用者はいないので、まぁ座れるでしょうといった感じです。(もちろん、平日の通勤帰宅時間などは混んでいると思います)

指定席の場合は2520円です。

 

座席は進行方向に向かって二人掛けで、近鉄特急と似ています。しかし、近鉄特急ほど座席は広くないです。

私は一度、鳥羽駅から名古屋駅まで利用したのですが、まさかの2両編成でした笑

それくらい利用者が少ないんですね、、

1号車が指定席、2号車が自由席で、指定席のほうが広いのかと思いきやどちらも座席の作りは同じでした。指定席は、必ず座れるよ!というだけで、特に広いわけではないようです。

そして、伊勢市駅で違う2両と合体して4両編成になりました。

 

とりあえず人の出入りが少なくて、人混みが苦手な私にとってはこれがすごくありがたかったです。

JRは地元利用者が少ないので、小さな駅はホームにほぼ人がいなかったです笑

さすがに伊勢市駅松阪駅あたりでは多少の動きはありましたが、学生も乗ってこないし、近鉄急行に比較するとすごく快適です。

 

 

まとめ

近鉄急行   1450円      2時間弱

近鉄特急      2770円     1時間25分

JR快速みえ  2000円    1時間45分

やはり快適さと料金は比例するんですね(笑)

 

私は旅行ならば、特急をおすすめします。

高いですが、1番早く着きますし、他に比べ座席が広く快適です。

 

節約したくても、快速みえあたりが無難ですね。

さすがに近鉄急行は2時間もかかるのでめちゃめちゃ疲れちゃうと思います笑

 

ぜひ、参考にしてみてください(^▽^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です