【節約術】食費や生活費が高い!一人暮らし学生が実践している超簡単な節約方法のコツ!

貯金箱

みなさんは今どのような生活をしていますか?

 

一人暮らしの方もいれば、恋人・友人と同居していたり、実家に住んでいる人もいることでしょう。

どんな生活スタイルをしていても、共通する悩みがあります。

それは、

「お金」です。

 

生きているだけでお金はかかるんですよね。

 

ましてや一人暮らしなんて、流れるようにお金が出ていきます。

そして急な出費も多い、、、

庶民にとっては、節約できるところは節約していかないと死活問題になりかねません。

 

今回は、

そんなお金に悩む庶民仲間の皆さんを救うべく、

貧乏学生で一人暮らしの私が実践している節約術をご紹介します(^▽^)/

 

1か月分の生活費を決める

お金が貯まらないのは出費を管理できていないから。

ということで、

まずは出費を把握しなければいけません

私の場合、どこでいくら使っているかを管理するのが面倒くさすぎたので、

1か月分の使えるお金を決めてしまいました(笑)

 

月の初めに1か月に使っていい分の現金を下ろしてしまうんです。

 

ですので、

クレジットカードは使わないようにしています。

(どうしてもネットでの買い物が多い人はカード代としていくらか決めておくのがオススメ)

 

カードや電子決済のほうが、還元率が高いのでうまく利用すればもっと節約できるのですが、

まずはお金を管理することからです。

還元率まで考えて上手くやりくりできる人なら、このサイトにたどり着かないでしょう(笑)

 

内訳

食費   3万(1日1000円)

日用品  3000円

娯楽   1万

電気水道 1万

こんな感じです。

(電気水道代に関しては、こちらで操作できるものじゃないので、引き落としにしています)

 

初めに言っておきます。

この金額設定、スーパーケチケチ節約モードです(笑)

初めはもう少し多めに設定しても良いかもしれません(笑)

 

恐らく、一人暮らしでこの金額設定はかなり難しいと思いますが、

もっと節約したい方は娯楽代を減らしましょう。

食費日用品に関してはこれ以上減らすのはかなり厳しいと思います。

 

食費

一人暮らしの生活費において大半を占めるのはこの食費です。

正直ここが全てです(笑)

毎日のことなので、ここを節約できると長期的に見たときかなりお金が浮きます。

 

自炊してください。

と言われがちですが、

それができないから困ってんだわ!!

と声を大にして言いたい。

 

ひとり分を作るのって難しいし、何より作ったところで結構高くつくのがオチです(笑)

私も料理にハマった時期はありましたが、

結果、金銭面は外で買うのとあまり変わらなかったですね(泣)

 

まあ、意識的に安い食材を使ったり、節約レシピを作ったり、作り置きしたりすればかなり節約できるとは思うので、

可能なら、迷わず実行してください(笑)

 

私には無理でした(^▽^)/

 

ということで、最近は、

基本的に1日1000円と決めて生きています(笑)

外食でも、自炊でも、どんな形でもいいけど、ご飯に使えるお金は1日1000円まで。

 

朝昼晩合わせて1000円なので、

正直めちゃめちゃ難易度は高いです(笑)

大学の授業の合間にちょろっとコンビニに寄ったらだいたい500円くらい使っちゃうので。

 

しかし、

これを決めるだけで、

「今使うと、夜使えなくなっちゃうから、コンビニやめとこうかな」

と思うことができるんです!(革命)

今まで何も考えずに能天気に使っていた無駄使いを減らすことに成功しました(笑)

 

この、「心がけ」だけでかなり節約できます。

500円の節約が20回あれば一万円ですからね。

お金を管理するって大切です。

 

自炊する場合は、

3000円使ったら、その日から3日間はスーパーやコンビニに行かないように、スケジュール帳にメモしてます(笑)

「〇〇日までスーパー行かない」って書いてます(笑)

 

日用品

洗剤、シャンプーリンスー、トイレットペーパー、消臭剤、ティッシュ、掃除用品

などなど、

地味に高いもののオンパレード(笑)

これはなくなるタイミングが分からないので急な出費になりがちです。

 

私は、基本的にはストックを用意しておいて、

1つ無くなったら、次の月の最初にまとめて書き出して買っていました。

すると、その月はもう日用品を買う心配がないので!

 

余ったら、食費や娯楽に回せますしね。

(一応1000円は緊急用に残してます。電球とか)

 

娯楽

これに関しては

各自、自由にしてくださいという感じです(笑)

私は友人とする食事は娯楽費からとっていました。

これを食費カウントすると、ほとんどご飯食べられなくなるので。

 

あとは、美容院、化粧品など美容に関するものも全てここからです。

娯楽と行っても必要経費ではありますね(泣)

 

あと、社会人の方だと飲み会などもあるので、もっと多めにしなければ難しいと思います。

あくまで1万円という設定は、スーパーインドア大学生であまり外に遊びに行かない私の場合です(笑)

 

その他

正直、一人暮らしだと、

緊急でお金が必要になることは多いです。

教科書代だったり、何かが壊れてしまったり、風邪を引いてしまったり。

そういう時は、貯金から切り崩しています。

 

これに関しては仕方ない。

どうしようもないので(笑)

 

異常に風邪を引く人なんかは、緊急用に1万円ほど分けておいてもいいかもしれません(笑)

私は、ギリギリで生きている、かつ、多めにあると調子に乗るので、

その他の費用は用意していません。

 

まとめ

一人暮らしは想像している以上にお金がでていきますよね。

だからこそ、

少しの心がけでとんでもない額の貯金ができたりします。

 

私は今まで、自分がいくら使っているのか、全く気にせず生きていたのですが、

節約しだしてから、かなり貯金ができました。

(その分遊ぶ回数もかなり減ったけどw)

 

支出が収入を超えなければ貯金はできます。

そして、結局チリツモです(笑)

 

みなさんの元にもたくさんお金が貯まりますように(^O^)