【チケット流通センター】初心者向け!!やり取りの詳しい流れをわかりやすく解説!取引画面?受取完了連絡?

チケット流通センター

ライブや野球などのイベントチケット売買の仲介をしてくれるサイトです。

よく利用する人にとっては慣れたものですが、

初めて利用する際はどれだけ注意事項を読んでも不安なものです。

 

私も少し前に不安ながらも初めて利用したのですが、結構簡単だったので皆様にご紹介します。

今回は初心者の方の不安を少しでも取り除けるように、できる限りやさしく、わかりやすく取引の流れを解説します。



そもそもどんな仕組み?

チケットを売りたい人と買いたい人とを仲介してくれるサイトですので

売る側も買う側も手数料をとられます。

今回は購入の仕方の解説なので、購入の際にかかる費用をまとめますね。

購入の際の手数料

  • 2000円~1万  432円
  • 1万1円~3万  756円
  • 3万1円~  チケット代金の3.24%

結構お高めですが、お値段相応の安心できる仕組みがあります。

それは、チケット購入が無事に成立するまで料金はチケット流通センターが預かってくれるという点です。

取引の途中で相手が音信不通になったり、チケットのやり取りが上手くいかなかったりしても、チケット流通センターが料金を返してくれます。

買い手側が、「無事チケットを受け取りました」

と言わない限り、料金は売り手に振り込まれないのです。

無事成立した段階で、買い手が払ったお金は初めて売り手に振り込まれます。

 

購入する前に気を付けること

詳細画面を必ず読んでください!

あ、これ安いじゃん、買おう、みたいなノリでは絶対に買わないでください(笑)

同じチケットでも、郵送なのか、払込番号をもらってこちらがチケットを発券するのか、電子チケットなのか、など詳細が違います。

 

また、隣に私が入ります。みたいなチケットもあります。

いわゆる同行というものですね。

お金払った取引相手が隣にいるなんて嫌だ!という人は買わないのが無難でしょう。

 

とりあえず、いろんな取引方法がありますので自分に合った取引を選んでください。

 

転売チケットは買わない

転売禁止のチケットを当たり前のように売っている時もあります。

それを知らないで買ってしまう方も稀にいますので注意してください。

 

転売は犯罪かどうかグレーゾーンですが、東京オリンピックに向けて法改正も行われています。

何かに巻き込まれる前に買わないというのが安全です。

 

購入後の流れ

クレジットカードの場合はカード情報を入力すると、お金が引き落とされます。

入金が確認され次第、売り手とメッセージができるようになります。

これが連絡ボードです。

(クレジットカード以外のコンビニ払いやペイジーで購入した方は振込次第この画面になります。期日までに振り込んでください。)

この連絡画面は、売り手と自分だけに見えます。

メールのようなものですね。

他に漏れることはないので安心してください。(もちろんチケット流通センター本部には見えると思いますが)

 

ここで、売り手とチケット内容の細かいところをやり取りします。

郵送チケットだったら、いつ発送するのか、

振込番号だったら、番号の詳細やスクリーンショットを送ってくれるでしょう。

同行なら、当日何時にどこ集合かを決めます。

このように、円滑にチケットのやり取りをするための画面です。

(ちなみに、トラブル防止のためLINEなど他のSNSの交換は禁止だそうです)

 

通知が来たかどうかの連絡は、チケット流通センターに登録したメールアドレスに、

「連絡ボードに新着メッセージが届きました」とメールで教えてくれます。

 

無事にチケットを入手したら

無事に手元にチケットが届いた、もしくは発券できた場合、受取完了連絡をしなければなりません。

どうやって連絡をするかというと、

受取完了ボタンを押すだけです。

このボタンは、連絡ボードの時点では表示されておらず、

売り手側が、発送完了連絡をした時点で、受取完了ボタンが現れて押せるようになります。

 

郵送の場合は発送してから。

同行の場合は、合流して一緒に会場に入れた時点で、売り手は発送完了連絡をします。

そこで、受取完了ボタンを押さなければなりません。

このボタンを押さなければ、取引が成立したことにならないので絶対に押してください。

会場に入ってからなので、忘れないようにしなければいけませんね。

 

恐らく売り手の方が、発送完了ボタン押しておきますね!とか言ってくれると思います。

受取完了しないと、売り手側も困るので(笑)

 

取引完了

受取完了ボタンを押したら取引が完了します。

ここでようやくチケット流通センターが売り手に金額を渡します。

あとはイベント当日会場に行くのみです。

 

まとめ

ここまでの流れでわかる通り、チケット流通センターはめちゃめちゃしっかり仲介してくれます。

手数料は多めに取られますが、安心と信頼との引き換えだと思うとたいしたことはないのではないでしょうか。

実際に私も取引してみて、想像以上に簡単で信頼出来るサイトだと感じました。

 

みなさんもチケットを買う際、「チケット流通センター」を利用してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です