【鳥羽展望台】アクセスや料金!富士山見えるの?初日の出の混雑は?駐車場についても解説!

鳥羽展望台

三重県鳥羽市にある鳥羽展望台

伊勢神宮も近く、天気がいい日には富士山も見えるほどの大絶景です。

その絶景からテレビなどのメディアでもよく紹介されていますね。

 

地元民の私ですらたまに行くくらい癒される景色です。

 

今回は実際に2020年の初日の出を見に行ってまいりましたので、その時の様子をお伝えします。

写真付きですので、初日の出以外に観光で訪れる方も参考にしていただけると思いますので

見て頂けると幸いです。

 

アクセス・料金

〒517-0031

三重県鳥羽市国崎町宇大岳3-3

三重県の鳥羽市とはどこだ?という話ですが、簡単に言うと三重県の1番東です。

伊勢神宮がある伊勢市のお隣の観光地ですね。

田舎ゆえに車でしか行くことができない不便さも含めて、地元民おすすめの観光スポットです(笑)

入場料は無料です。

ツーリングスポットとしても有名で、

バイク乗りの方がたくさんいます。

 

初日の出

鳥羽展望台の初日の出は、鳥羽市にこんなに人いたの!?と驚くほど人気です(笑)

海から太陽が出るので、すごく綺麗な初日の出を見ることができます。

なかなか地平線から出る太陽を見る機会なんてありませんしね。

(晴れていればの話です。もちろん天気が悪ければ雲に隠れて太陽はでてきませんのでご注意ください)

 

他県から来ている方がほとんどの、元旦早々大混雑する人気スポットです。

 

開門

初日の出の際は混雑が予想されるので、なんと開門は午前2時です。

初日の出がでてくるのがだいたい午前7時頃ですので、

5時間前から準備する意識高い方も多いということですね。

みなさん早くに来て車で睡眠をとってから、初日の出を見るというスタイルのようです。

 

ちなみに私は午前2時半頃に到着しましたが、既に50台はいました。

さすがに驚きましたね。

逆算するとカウントダウンをして数時間後には家を出ているということですから。

注)

2019年までは午前4時開門だったのですが、2020年からは午前2になりました。

それほど年々混雑が激しくなっているのでしょう。

駐車場

250台駐車可能

無料

警備員の方はいるのですが、ここに停めてくださいと指示はされません。

基本的には一番奥から順番に駐車して行く形ですね。

ちなみに、初日の出が昇るのは入り口から一番奥の正面の海からです。

早く行けば、初日の出を見る場所の近くに車を停められるので、寒い中長距離歩かずに済むということです。

 

混雑具合

午前2時台

第1陣、意識高い系のみ

午前3時台

3時半頃から急激に車の入りが多くなった感覚

午前4時台

駐車するための列ができはじめる

午前5時台

混雑、ほぼ満車

といった感じです。

 

私は前の方に停めていたので、いつ満車になったのか、

入り口付近の明確な様子はわかりませんので、完全に感覚です。

まあ、

確実に駐車場に停めたければ、午前4時頃までには行くことをおすすめします。

ホームページ上では、毎年5時半頃には満車になるとのことでしたが、

私の感覚では年々来る方が増えています。

5時半だと怪しいと思います。

駐車場が満車になると、展望台までの途中の坂や坂の下に車を停めて、歩いて展望台まで来ている方もいます。

 

注意点

お手洗い

朝早くから来る方に注意して欲しいのがお手洗いです。

午前4時くらいまでは

真っ暗

です。

電気がつかないので、

お化け屋敷かと思うくらい怖いです(笑)

 

左が男性用、右が女性用

その辺のお化け屋敷の数倍怖くないですか?()

みなさんスマホのライトで照らして歩いているので、必ずスマホを持って移動しましょう(笑)

 

お手洗いの中はこんな感じ。

数は多いですので並ぶ心配はほぼありません。

しかし、

この写真は、明るくなってから撮ったものなのですが、電気がない時間帯は本当に真っ暗です。

光が何一つありません(泣)

そして和式です。

洋式しかできない方は諦めましょう(笑)

 

売店

鳥羽展望台には鳥羽の地産地消の海の幸などが食べられるレストランがあるのですが、

元旦は営業時間が異なり、少し早く開店します。

レストラン

営業時間

軽食などの売店 5:00〜

レストラン   6:00〜

しかし、2:00~5:00までの早朝は、食べ物が買える場所はありませんので、

近くのコンビニで買って行きましょう。

といっても、この付近半径数十キロはコンビニもありません()

家の近くのコンビニで買っていくか、家から持っていくかして準備して行ってください。

 

自販機はあるので、飲み物は買えます。

この年季の入った感じが良いですよね(笑)

 

売店

初日の出を見終わってから7時頃の写真です。

結構たくさんの人が入っていました。

 

2020年度はこの営業時間でしたが、

毎年時間が異なることもあるので、開門時間とともにホームページで確認しましょう。

毎年年末に初日の出の日の詳細を更新してくれています。

 

1時間前くらいから待機

初日の出が7時頃に出てくるのですが、だいたい1時間前くらいから、

みなさん待機し始めます。

結構たくさんの人がいますよね。

この待機の列には特にルールはなく、

パイプ椅子などを置いておいて、直前に来る方もいます。

 

最前列が取れなくても、せいぜい2,3列なのでしっかり見えますし、

みなさん初日の出を10分くらいみたら颯爽と帰りますので、

10分後にはガラガラです。

展望台

これは初日の出から10分後くらいの写真です。

写真取り放題です。

 

帰り

帰りはもちろん渋滞でした。

この辺りは一車線なので、間違いなく渋滞は起こります。

その後の予定は時間に余裕を持って計画しておきましょう。

 

まとめ

とにかく凍え死ぬかと思うほど寒いですが、地平線からでる初日の出はとても綺麗です。

初日の出に行く方は防寒対策をしっかりして、

体調には気をつけて鳥羽市までお越しください。

 

初日の出に限らず、

都会に住んでいると、なかなかこんな壮大な自然を見る機会はないと思うので、

観光にもとてもおすすめのスポットです。

何より無料ですしね。

 

地元民として、みなさんが来てくれる日をお待ちしております(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です